So-net無料ブログ作成

趣味を貫く!北陸の旅(2) [旅:京都より右]

5月6日の続き。。

朝っぱらに高岡に着いて、氷見線の乗って雨晴海岸へ行った。
そこから氷見駅へ行ったところ。

氷見駅前は、何もない。
どんより曇りだったということもあって、とてもさびしい駅でした。
歩いてちょっと行くと、商店街らしき通りがあるみたいなので行ってみました。

そしたら現れた。ハットリ君が。

2009年5月6日~8日 和倉温泉の 047.jpg ニンニンって

駅のガラスケースにもハットリ君たちが飾られていたのですが、
町にもあふれていました。
藤子不二雄Aがデザインした魚たちも、町中にたくさんいました。
そう、ここ氷見は、藤子不二雄Aの実家があるところなのです。
そこは光禅寺。
住職の息子として生まれ、
小学5年生の時に、お父さんが亡くなって高岡に引越し、
藤子Fと出会ったのです!
私は藤子不二雄が大好きで、ちょっとワクワク[るんるん]

2009年5月6日~8日 和倉温泉の 050.jpg
 ▲ こんなことになっていた・・・

町中の藤子A作品を見ながらテクテク歩いて、
とりあえず氷見フィッシャーマンズワーフを目指します。
なんか、おいしいものがあるかなぁって。
朝の8時。ちょっとお腹がすいた。

しばらく歩くと着きました。
朝ということもあって、商店街には余り人がいなかったのですが、
フィッシャーマンズワーフに来たら人だらけだった。
GWの最終の日。
みんなお出かけするんだねーー。

中をフラフラする。
あーー、お土産買おうかなぁと思ったけれど、
まだ始まったばかりだ。早すぎる。。

そして、朝ごはんはこれにしました。

2009年5月6日~8日 和倉温泉の 052.jpg
 ▲ 白えびの押し寿司
   奥に見えるのは、うなぎの肝です。うー、苦い。。お酒のお供だーー。


氷見フィッシャーマンズワーフの先の比美乃江大橋を渡ってさらに行くと、
城跡があるのですが、
さすがにそれは言い出せず、駅へと戻ります・・・・。

2009年5月6日~8日 和倉温泉の 055.jpg  2009年5月6日~8日 和倉温泉の 048.jpg
      滑り台も藤子不二雄A            氷見の路地もキョロキョロ見ます

湊川にかかっている中の橋の向こうに、
何やら怪しいものがあります。
あーここが湊川カラクリ時計か。

ハットリ君たちが見れるはずと待っていると・・・。
9時になると同時にカラカラとカラクリが動き出しました。

2009年5月6日~8日 和倉温泉の 059.jpg
 ▲ ハットリ君たちとケムマキたちが出てくるのです~

お話は、ケムマキ達を懲らしめる・・・みたいなものだと思うのですが、
最後のほうは水がビュービュー出てきて凄かったです。
とっても楽しい4分間でした♪


氷見から高岡へ戻りました。
私としては、高岡城址公園に行ったり、高岡大仏を見たかったのですが、
相手の意向も聞いておかないと・・・と思って聞いたところ、
「じゃぁ、万葉線に乗ろうかーー」ってなったので、
ワーイ、ワーイと乗りました。

2009年5月6日~8日 和倉温泉の 012.jpg 駅前の乗るところ

特にあてもなく、ただ乗るだけです。。
いいんだ。


2009年5月6日~8日 和倉温泉の 015.jpg
 ▲ 新型低床車両、アイトラム!赤い車体がとても目立ちます♪

「きっと見たくなる!行きたくなる!万葉線沿線マップ」によると、
万葉線の駅は25個あります。
高岡駅前から25個目の越ノ潟駅までは42分かかります。
終点まで行って戻ってこようかなぁと乗り込み、高岡の町を眺めます。
13個目の米島口駅を超えると、氷見線をまたぎます。凄いなぁ。

終点近くは海だらけ。
越ノ潟駅からは、県営フェリーに乗って隣の陸へ。
そこからバスに乗って、ライトレール岩瀬浜駅に行くことができます。
そこまで行くつもりはなかったけれど、
乗っている途中で、
「終点まで行って戻ったら、はくたかに乗り遅れる!」
と気付いたのです。

ちょっと慌てて万葉線から降ります。
氷見線を超えて少し行った吉久駅。
折り返しの電車を待つのに時間があったので、近くを散策。
吉久には何かあるかなぁと歩いていると・・・
このような町並みが現れました。

2009年5月6日~8日 和倉温泉の 020.jpg
 ▲ なんでしょう、この連なりは

これは「さまのこの残る町並み」という場所でした。
加賀藩の米蔵が作られた場所で、明治に入っても米商人の町として栄えた所。
千本格子(さまのこ)と言うそうです。
なるほど~。

こんな感じで、何のプランもなく高岡を走り、
一応、メインの和倉温泉に乗り入れたのでしたーー。

2009年5月6日~8日 和倉温泉の 103.jpg 和倉温泉駅に到着です♪

(旅館の中へと続く♪)


タグ:北陸 電車
nice!(19)  コメント(13)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 13

つぼっち

昔、ハットリ君の枕で寝ていたので、懐かしいです(笑)
ししまるが好きでした。。。
怪物くんの石像は、一見の価値あり!ですね。
by つぼっち (2009-06-23 12:02) 

うたに

うおっ! これは"プロゴルファー猿"の石像では!!
ハットリ君だけじゃなくて、色々なキャラクターがあふれていんですね~。
そういえば、以前うちもハットリ君のカラクリ時計を見たことを思い出しました。
確か輪島に向かう途中に寄った記憶があるのですが、街がこんな楽しいことになっていたとは! 今度行った時は、藤子不二雄ワールドをもっと楽しみたいです。
by うたに (2009-06-23 13:06) 

三日月三

私も新婚旅行は国内(沖縄)だったけど

北陸とはしぶい!ね。

寝台列車乗ってみたい!!

ハットリくんの世界もステキです。


by 三日月三 (2009-06-23 16:33) 

masa

町中ハットリくんだらけですね。
なぜハットリくんばかりなんでしょう?
どらえもんや怪物くんなんてのもあってもいいと思います。
by masa (2009-06-23 19:35) 

take

至る所に出没するハットリくん、なんとも奇妙ですね。
高岡城址は100名城のわりには、今一つ見どころに
欠けてる気がしましたが。
by take (2009-06-23 22:12) 

ノリパ

ハットリくん懐かしいです。弟はシンちゃんでしたっけ・・・
しかし、いろんなところに潜んでますね。さすが、伊賀モノ。
by ノリパ (2009-06-24 07:08) 

サットン

万葉線の電車、ポートラムに似てますが真っ赤なデザインが鮮烈ですね。

城跡見物見送りですか?趣味を貫くんじゃあ・・・・。
まあ、仕方ないですね(笑)
by サットン (2009-06-25 09:54) 

keroro

★つぼっちさん
 ハットリ君。世代ですよねーー。
 TV観ていましたか?ニンニンです♪

★うたにさん
 プロゴルファー猿、また観たいなぁ。
 輪島、まだ行ったことがないんです。楽しそうだなぁ。
 車だったら能登半島をステキに回れますねーーー。

★三日月三さん
 沖縄かぁ。とってもステキな感じがする。
 海って新婚旅行な感じ。
 やっぱり北陸は渋いのか。。確かになぁ。

★masaさん
 そうですね。なんでハットリ君なんだろう。
 猿がいるようになったら、ミスターXもってことだ。
 それは凄いことになるなぁ。

★takaさん
 私、高岡に毎年のように行っているのですが、
 ま高岡城址に行ってないんですよーー。
 本当は今回行きたかったぁ。
 地味なんですかねぇ。。。

★ノリバさん
 伊賀だった。甲賀がケムマキか。
 ユメコちゃんとかもいたなぁ。
 懐かしいなぁ。

★サットンさん
 そうですね。赤い車体が新しくて。まぁいいんだけれど。。
 城。
 まだあります・・・・。

by keroro (2009-06-25 23:26) 

RADA

トラムは都心にこそ採用すべきと思うのですが・・・
by RADA (2009-06-27 15:25) 

da-kura

白えび&肝!

最高ッス!
by da-kura (2009-07-05 10:31) 

yosshi

氷見駅は藤子Aワールドなんですね~。
知りませんでしたあ。とっても愉快な感じです♪
by yosshi (2009-07-05 18:30) 

keroro

★RADAさん
 そうですね。旅先にたくさんいる感じですよね。
 高岡の万葉線はスルリと町中を走って、
 ちょっとかっこよかったです。

★da-kuraさん
 グルメですねーーーー。
 白えび、白えび、白えび。

★yosshiさん
 ちょっとさびしかったですが、愉快な町でした。
 ハットリ君は楽しい漫画だから。
 Aの他の漫画だったらダメかなぁ。。
by keroro (2009-07-06 10:36) 

ж鳳爪

プランの無い旅といいつつ、立ち寄り先をめぐっての、ちょっとした?
駆け引きと気遣いが楽しいですね(笑)
この街並みにアイトラムのデザインはモダンすぎ?とも思いましたが、
ハットリ君たちがいる街だし、いいのかな^^
by ж鳳爪 (2009-07-16 23:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。